積み木と電卓

大人気の資産運用方法

硬貨を積む人

高い利回りを狙うなら

資産運用をするときには、利回りに注目をしますよね。年間配当利回りが高ければ高いほどリターンが大きくなるわけですから、この部分に注目をするのは当然でしょう。不動産投資は、株式や債券に比べてもかなり高い年間配当利回りを実現しているケースが多いです。通常の投資ではなかなか5%を超える配当利回りを達成することはできません。しかし、不動産投資ならそれが可能となっているのです。この点が人気の秘密であることに疑いの余地はないでしょう。直接物件を所有して誰かに貸す場合は、空室さえ作らなければ10%ほどの利回りは達成できます。REITで間接的に投資をするにしても、3%ほどの利回りは確保できることでしょう。リスクに合わせて、物件を所有するか所有せずに間接投資をするかが選べるのも利点です。

投資における注意点とは

実際に物件を所有して運用していく場合には、立地にはこだわる必要があるでしょう。これからは日本も人口減少社会に突入するといわれています。地方の過疎地に物件を持っていても、入居者が集まらない可能性が高いです。不動産投資をする場合には、可能な限り利便性の高い都市部の物件を購入するようにしましょう。でなければ、いつまで経っても入居者が集まらずに、赤字を垂れ流しにしてしまうこともあります。REITの場合にはそうしたリスクはほとんど気にすることはありませんね。REITは自分で物件を所有する必要のない不動産投資の方法だからです。しかし、REITは債券に近い性質を持つ投資商品です。配当利回りに注意をして、利回りが下がっているときには手を出さないようにしなければいけません。債券と同じように取引価格が下がっているときに地道に拾っていくのが正解です。